葬儀

お墓の必要性

必ずお墓が必要。という訳ではありません。
火葬さえしてしまえば、遺骨を自宅で管理することは、違法ではありません。
最近では、散骨などで、墓を持たない方も増えています。

では、ほとんどの方がお墓を持つのはなぜでしょうか?
お墓には、先祖代々の名前が刻まれており、子孫を見守っていてくれる。と考えられているからです。

また、故人とのつながりを感じられる場所でもあるからではないのでしょうか?
最近、生きているあいだにお墓を建てる方が増えています。
これは、「寿陵」とよばれており、非常に縁起の良いとされています。

また、色や形、場所など自分の好きな形で作れますので、ご自分の眠る場所を選びたい方にお勧めです。
これから先ずっと、代々使っていくものです。
使いやすさや、通いやすさを考慮して作りましょう。

また、自分の死後、現金や土地・建物は相続税がかかりますが、お墓は違います。
そのお墓の金額に依らず、固定資産税や相続税などの、税金がかからないのです。
自分で建てた方がお得です。

ではなぜ、お墓が作られるようになったのでしょうか?
日本では、死者の魂は、不安定で家の周りをさまよう。と言われています。
また、家の者にも危害を与えることがある。といわれているので、死者の魂を鎮める必要がありました。
これがお墓の始まりではないか。と言われています。

お墓を建てる際に、方角や色などを気にされる方もおられますが、仏教では、関係ありません。
むしろ、形式だけで作られたお墓より、故人を偲んで作ったお墓の方が、いいお墓なのです。

ですが、お墓を建てる場所には、少し気を使ってあげましょう。
最低でも日帰りでお墓参りに行ける場所。
日の当たる場所、ジメジメしていない場所。
くらいで、十分かと思います。

1泊してお墓参りなんて、次第にいかなく。いけなくなってしまいます。
簡単に行ける場所で、湿気の少なく、日の当たりやすい場所。
を選んであげましょう。

できれば、盆正月、お彼岸くらいは、手を合わしに行けるような距離が理想です。
現代の新しいお墓スタイルについても興味深いです。

Menu