葬儀

お墓参りの決まり事

お墓参りには、マナーがあります。
しっかりとお墓参りをして、故人を偲ぶようにしましょう。

・時期
いつお参りにても結構ですが、お彼岸、お盆、命日にいってあげると故人も喜ばれると思います。

・持ち物
マッチ(ライター)、線香、ろうそく、お花、お供え物、半紙
バケツ、柄杓、雑巾、中性洗剤、歯ブラシ等掃除用具
(掃除用具は借りれる場合がありますので、確認しましょう。

・手順
お墓に到着したら最初に、お墓をきれいにしましょう。
寺院の場合は、住職さんにあいさつしたり、寺にあいさつします。

周りに生えた草を除去し、墓石を磨きましょう。
歯ブラシなどをもっていくと隅々まで掃除しやすいです。
中性洗剤を薄めて使いましょう。

掃除が終わったあと、墓前にお供えをしましょう。
お花は、短く切って供えます。
お供え物を置くときは、半紙を下に敷いてください。
そのあと、ローソクと線香に火をつけます。

では、お祈りしていきましょう。
お祈りするときは、墓石より頭を低くする必要がありますので、しゃがんでから拝みましょう。
墓石に上から水をかけてから拝みます。
自分の気がすんだらOKです。

故人が好きだったという理由で、墓にお酒をかける方がおられますが、これはNGです。
墓石を傷める原因になりますのでやめておきましょう。

皆が拝み終わったら線香が燃えきるまで待ちましょう。
線香やローソクなど火のつけ方、消し方は宗派によりまちまちですので、
菩提寺で聞いたり、調べましょう。
手の合わし方も2種類あります。

燃えきったら後片付けをします。
持ってきたものは、必ずすべて持ち帰ってください。
カラスなどの被害を引き起こす原因になります。
お供えしたものは、参加した者で分けましょう。

お墓参りには、ルールもありますが一番は故人を偲ぶその気持ちです。
難しい事はしなくてOK。
故人の事を思い出し、安らかな気持ちで手を合わせるのが一番の供養になります。

生前好んで食べていたお菓子などを備えてあげてもいいでしょう。
お酒やたばこを用意される方も多いです。

Menu