葬儀

いつ建てる?

お墓を建てる頃合に関しては、仏教では決まっておりません。
ですが、1周忌や3周忌を目安に建てられる方が多いです。
また、春、秋のお彼岸やお盆に合わせたタイミングで納骨される方も多いようです。

納骨の時期は、法律で決まっておらず、自宅で保存しても構いません。
最近は、墓地が開いていないこともあり、時期が遅れてしまうこともしばしばみられるようです。

特に、公営墓地を希望する場合は、抽選が年1回と少なく競争率も高いので
中々お墓に入ることが出来ない方もおられます。

墓地を建てるには、200万から300万円のお金が入りますので、
費用面でも、遅れている、という方もおられます。
また、ローンを組める場合もあります。

お墓の場所や建て方、墓石など、また、宗派、葬儀の仕方など
生前での相談をおすすめします。
死後長い間そこで眠るのです。
故人の遺志が確認できていればプランが立てやすいですね。

最近では、生前に自分でお墓を建てられる方も多いです。
これは、縁起が悪いと言われていますが、本当はとても縁起のよいものなのです。
元々ある、先祖のお墓に入る場合は、49日法要で納骨される場合が多いです。

「じゃあお墓を買おうか」とすぐに買えるような値段でもないですし、
いつまでにという規則もありませんので、ゆっくり、しっかりと見極めて、
故人が、安らかに眠れるような場所を選んであげましょう。

また、手入れのしにくい墓石や場所は、故人が希望していない限りおすすめできません。
日帰りで十分にお墓参りできる場所を選びましょう。

せめて、お彼岸、お盆などには、手を合わすことが出来る位置に建てるのがおすすめです。
遠くにお墓を建ててしまうと、管理もできませんし、体力、時間、お金にも負担がかかります。

自分たちが死ぬまで付き合うお墓ですから、
高齢になっても簡単に足を運べるような場所がいいのではないでしょうか?
急ぐ必要はないのですから、満足できるお墓を見つけてくださいね。
良いお墓選びが出来るようにしっかり下調べが大切です。

Menu