葬儀

お墓に掛かる費用内訳

お墓の値段は何で決まるのでしょうか?
お墓を建てる際にかかるのは、墓石台+永代使用料+工事費+管理料がかかります。

特に高いのが墓石代です。
平均146万円と大変高額になります。
最近の施工法では、100年以上持つ、とも言われているので、妥当と言えば妥当なのでしょうか?

永代使用料、管理費は墓地を作る場所によってかわりますし、個差も大きいです。
建てる前に確認したいポイントは、故人の宗教、埋葬先の有無、故人の遺志、墓地購入予算です。
特に、故人の宗教は、名称が似ているものもたくさんありますので、注意してあげましょう。

生前に墓地を購入していたり、先祖代々のお墓が使える場合には、購入する必要がありません。
故人の遺志も尊重されているので、
最近は、寿陵と呼ばれる、生前にお墓を建てる方法が増えてきています。
こうしたい、という強い意志のある方は、生前にお墓を建てておくことがおすすめです。

とても高価な墓石ですが、墓石の価値は、耐久性です。
硬度が高く、水を吸いにくく、色ムラがないものを選ぶとよいでしょう。

墓石は、国産、外国産がありますが、価格にはあまり変化がありません。
墓石に、流れや傷、色ムラがないか注意して選びましょう。

また、寺院などで、お墓を建てる際は、そこのご主人との相性も必要です。
法要など、お願いすることも多いので相性の悪い、と思われる場所はやめておきましょう。
自分が死ぬまで付き合う方ですから、相性のいい方を選ぶ方が、安心してお願いすることが出来ます。

永代使用料は、場所によって幅が多いですが、市営>民営>寺院の順に安いです。
管理料は毎年支払う物ですが、永代使用料に比例するそうです。
管理料は、毎年支払わなければ永代使用の権利を失いますので注意してくださいね。

先祖を偲ぶお墓です。
しっかりと考慮して建てましょう。
また、お墓コーディネータもいらっしゃいますので、それらの方に相談しても◎でしょう。
また、お墓の種類についても興味深いです。

Menu