葬儀

分骨手続きの方法

分骨とは、遺骨の一部を他の場所に移すことです。
遠方でお墓参りにも行けない。などの場合、遺骨の一部を近場のお墓に移したり、
手元供養として、自宅等においておくこともできます。
故人の遺骨は、あなただけのものではありませんので、
親族の許可をとってから行う事が望ましいです。
改葬はと違い、遺骨の一部を移すだけでので、了承が取れやすい。と思います。

分骨は、お墓を継承した人が、遠くてお墓参りに行けない。という場合に多く見られます。
年に一度くらいしか行けない。という場合、菩提寺等に管理をお願いすることになりますが、
ご自宅の近くに移したい。という方も多くいらっしゃいます。
全てを移すのは…という方にお勧めなのが分骨です。
もちろんすべての遺骨を違う場所に収めることもできます。
分骨する際は、なるべく故人の宗派・宗旨と同じ場所を選んであげましょう。

分骨の手続きは、
各斎場や各市営墓園から分骨する場合、火葬証明または埋蔵証明が必要な場合があります。
その場合は、市役所等に申請して証明書を発行してもらいましょう。
そのあと、墓地等の管理者に証明書を提示して分骨を行うことになります。

分骨証明は、火葬した時にする場合、火葬場で、お墓で行う場合には、管理事務所で発行してもらうことが出来ます。

分骨を行う際は、お墓の場所を移したり、手元に置いたりします。
分骨を実施する際は、遺骨に一言かけてあげてくださいね。
きっとご先祖様も了承してくださいますよ。
分骨には、いろいろな意見がありますが、自分の意思で決定しましょう。
あなたの決めた意見をきっと故人は尊重してくださる。と思います。
遺骨を加工し、ダイアモンドに変える。というのも最近人気があります。
ネックレスや指輪にかえて肌身離さず一緒にいる。という事からも人気がでました。

Menu