葬儀

墓地の永代使用権

永代使用権とは、お墓を建てる際に購入し、継承者が途切れるまで使える権利の事を指します。
ですが、管理費を毎年支払わないと、末梢されてしまいますので注意してくださいね。

お墓を買う。というのは、墓所の使用における権利を取得、購入するという意味も含まれています。
墓所は、土地自体の売買なわけではなく、「永代使用権」の取得、という意味合いになります。
「永代使用権」の取得は土地の譲渡ではなく、永代使用許可あるいは永代使用承諾という形で扱われます。

ここで支払う代金が永代使用料と呼ばれます。
永代使用権には期限がなく永久の権利ですから、使用者の権利は後世に受け継いでいくことになります。
永代使用料を払ってお墓を建てますが、土地は借りているものでも、お墓を使用者が建てるのですから、
その使用権は使用者にあるのです。

ただし、土地そのものは借りているだけですので、他人に売ったり貸したりはできません。
また、お墓の継承者がいないなどの場合は、無償で返還するのが一般的です。

この永代使用権は、市営>民営>寺院と値段が上がります。
それに比例して、管理料も高くなります。

永代使用権は、お墓の場所で発生します。
お墓のお引越しなどを考える場合、次の場所でも永代使用料は必要ですので、
よく考えてから買う事をおすすめします。

日当たりの良さ、風通しの良さ、水ハケの良さ。なども確認してくださいね。
お墓の劣化にもつながりますし、カビの原因にもなります。

また、自宅から半日程度でお墓参りができる距離にお墓を購入するのがおすすめです。
お墓参りの旅に、大金を使い、時間も使い。では、なかなか足が遠のいてしまいます。
お墓は、できるだけ綺麗に維持したいものですから、手入れしに行ける距離にあるのが一番です。

分骨でお墓を新しくするためにも、永代使用料は必要になります。

このように、永きに渡って使用するものですから、きちんと管理しましょう。
証書がある場合もありますので、なくさないように注意してくださいね。

Menu