葬儀

埋葬に関わる法規

墓埋法とは、正式名称を「墓地・埋葬等に関する法律」と言います。
これは、亡くなった方をお墓に収めるための法律です。
この法律は、墓地、納骨堂又は火葬場の管理及び埋葬等が、
国民の宗数的感情に適合し、且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的とする。
という目的で作られています。

この法律で、一番間違いやすいのが、火葬許可証。と埋葬許可証の扱いです。
「火葬許可書を持って火葬場に行き、火葬後、埋葬許可書を貰う。」と思われている方が多いのですが、
火葬許可書と埋葬許可書は使用目的が違うのです。

この法律が施行されたのが、昭和23年で、火葬を行う方と土葬を行う方の割合が半々でした。
そのため、火葬を行う方には、火葬許可証を発行、土葬を、土葬を行うかたには、埋葬許可証を発行していました、
現在は、約90%の方が火葬されており、埋葬とは、「お墓に骨をおさめる」という意味で使われていることが多いです。

火葬、土葬を行うには、死後24時間以上経過しないと行う事が出来ません。
火葬の場合は、24時間以上たってから、火葬場に遺体を持っていき火葬してもらいます。
そのあと、火葬許可証を返却してもらい、お墓に持っていってお墓に収めてもらいます。
返してもらった、火葬許可証は、火葬場で必要事項を記入してもらうことで埋葬許可証の代わりになります。
他にも、細かい法律がありますので、注意しましょう。

火葬許可、埋葬許可を受ける為には、管轄の役所に出向き
死亡者の、本籍、住所、氏名、性別、生年月日、
死因、死亡年月日、死亡場所、火葬場所、
申請者の住所、死亡者の続柄を申請します。

葬儀業者にお願いする場合、代行してもらうことができますが、ご自身で手続きすることもできます。いざ。という時の為にぜひ覚えておきましょう。
▼こちらにも詳しくお墓について書いてあるので参考にご覧ください。

Menu